コクと旨みたっぷり、絶品あんきも!
コクと旨みたっぷり、絶品あんきも! 和のフォアグラとも呼ばれるあんきもは、一度食べたら病みつきになる味。三浦屋のあん肝は、お客様から「メニューの中でも特にすばらしい!」とお誉めの言葉をいただいている自慢の一品です。なぜこんなにもうまいのか?それは北陸(新潟)・東北(青森・山形)北海道各地で厳選した肝が大きくなった新鮮なあんこうをお店で丸ごと一匹さばいているからです。


大塚三浦屋でしか食べられない、自家製味噌鍋
大塚三浦屋でしか食べられない、自家製味噌鍋 漁師が体を温めるために食べていた味噌ベースの「どぶ汁」をヒントに三浦屋流に仕上げた当店の味噌鍋は、長年にわたり多くのお客様に支持され続けてきました。信州味噌と西京味噌をベースに上品な味わいに仕上がっております。また、さっぱりとだしの旨味が引き立つ醤油味もご用意致しております。


基本の『ダシ』で淡泊な身をより美味しく
基本の『ダシ』で淡泊な身をより美味しく 身に脂がない分、旨みがすべて内臓(キモ)にいくと言われるあんこう。そのため、身は限りなく淡泊で、お刺身や煮込みでも大変美味しくいただけます。そんな淡泊な身を鍋でおいしくいただくにはダシが重要。三浦屋のあんこう鍋は、昆布と鰹節の一番出汁と二番出汁の中間の様な非常に濃いダシ汁を取っています。弱火でじっくり煮込み、しっかりと味が染み込んだ身は格別です。


あんこう鍋の味わいを引き立てる名脇役
あんこう鍋の味わいを引き立てる名脇役 鍋を召し上がる上で欠かせないのが、アクセントの調味料。当店では赤い柚子胡椒をご用意致しております。東京では滅多に手に入らない、味噌とだしの深い味わいをさらに引き立てます。当店のあんこう鍋のスープは〆になる前に鍋が空になるほど。「もう一口、スープを飲んでみたくなる」と大評判のスープです。是非、具と一緒にスープもお楽しみ下さい。


味噌鍋の〆はやっぱり……
味噌鍋の〆はやっぱり…… 鍋の〆は雑炊という方も多いと思いますが、味噌味のあんこう鍋の〆には是非「讃岐うどん」を召し上がってみてください。味噌煮込みうどんでも代表される様に、うどんとお味噌の相性はピカイチ。コシの強いうどんをじっくりと煮込んでフ~フ~と食す、これが格別! お客様の中には「おじや」にしている方も多く見かけます。味噌仕立てのおじやもまた、とびきりの美味しさで人気です。醤油味にはおじやをお勧めしております。だしの味がお米に移り、醤油の香ばしさと共にお楽しみ頂けます。おじやもまた酒のつまみにと追加で飲まれる方もいるほど。三浦屋のお出汁は最後まで残さず楽しむことが出来ます。